明日はどこに行こうかな@北海道

札幌近郊の、幼児連れ・子連れで行きやすいお出かけスポットを紹介しています。

【札幌 西区】キッズタウンが30分無料!『白い恋人パーク』でクッキー作り体験☆


スポンサードリンク

白い恋人パークでは、手ぶらで美味しいクッキーが作れる体験があります。

生地は既に出来ているので、型で抜くだけ!小さい子でも十分楽しめますよ♪

 

しかもクッキー体験をすると、屋内キッズスペースが30分無料で遊べます!

他にもガリバータウンや鉄道など、子どもが遊べるポイントが盛りだくさん。子連れにおススメのスポットです。

f:id:mira5507:20180331030300j:plain

 子供とお菓子作りって楽しいですよね。

楽しく作った後は、美味しいのが嬉しい(笑)

 

育休中は時間も余裕もたっぷりあったので、ノリノリでゼラチン買ってきてグミを作ったり、アイスを作ったりしてたんですけどね~。

仕事を再開してからは、もう時間が足りなくて足りなくてf:id:mira5507:20180126184220g:plain

 

仕事終わってお迎え行って、帰ってきてご飯作って風呂入れてって、一連の作業をして一息ついたら9時10時っていう…f:id:mira5507:20180207235210g:plainぐったりです

 

一緒にお菓子を作って楽しむ余裕も最近は無くなっていたので。

久しぶりに白い恋人パークでクッキー作りしてきましたf:id:mira5507:20180126184757g:plainf:id:mira5507:20180126184754g:plain

 

手ぶらでOK!製菓体験は事前に予約するとスムーズです

体験は毎日10時から16時頃まで、1時間おきに行われています。

白い恋人パークの公式ホームページから、予約の空き状況を確認したり、そのまま体験の予約をすることが出来ますよ。(ネット予約は2日前まで、電話予約は前日まで)

お菓子作り体験工房 | アトラクション | 白い恋人パーク

f:id:mira5507:20180126184720g:plain公式サイトにジャンプします。体験メニューや予約の状況、最新情報をチェック☆彡

 

アジア系の観光客も多く、午後や土日は混んでいるので、予定が決まり次第早めに予約するのがオススメです。

f:id:mira5507:20180331040043j:plain

白い恋人パークのシンボルでもある、からくり時計塔の1階が、工場見学と体験工房の受付です(あんとるぽー館)

 入館料は高校生以上600円、中学生以下200円、3歳以下は無料。

今回体験する型抜きクッキーは972円(保護者1名付き添い可)

4歳児と大人1人で、1772円のお支払いです。

 

受付をすると、白い恋人のクッキー1枚と、パスポートを貰えます。

過去に来館していて、既にパスポートを持っている方は忘れずに持参して下さい!スタンプを貯めると名誉会員になれて、入館料が永年無料になりますよ!f:id:mira5507:20180126184820g:plain

 

f:id:mira5507:20180331042623j:plain

型抜きクッキーの他に、既に焼かれたクッキーにお絵かきしたり、季節のクッキーを作るコースもあります。

 もう少し上手に絵をかけたり、文字が書けるようになれば、お絵かきクッキーも楽しそうですね。

 

受付で名前と、クッキーの生地を確認し、帽子とエプロンを貰います。

f:id:mira5507:20180331134132j:plain

中に入ったら手を洗って、アルコールで消毒しましょう。

エプロンと帽子をつけて待っていると、スタッフの方が呼びに来てくれます。

 

テーブルについて簡単な説明を聞いたら、まずは好きな型を1人3つずつ選びます。

大きな型を選ぶと作りやすく、小さな型を選ぶと枚数たくさん作れます、とお姉さんからアドバイスf:id:mira5507:20180207235326g:plain

 

グループで体験する場合、違う型を選んで交換すれば、色んな形のクッキーを作れますよ♡

 

f:id:mira5507:20180331133947j:plain

息子はチョコ、お友達はバニラ。

 

既に生地が出来ていて、コロコロ伸ばして型で抜くだけなのでとっても簡単f:id:mira5507:20180126184624g:plain

面倒な下準備も後片付けもなく、楽しい所だけ味わえます(笑)

 

余った生地は、丸めて伸ばして何回でも型抜き出来るので、ちょこっと失敗しても大丈夫!粘土みたいで楽しいね~。f:id:mira5507:20180331143314j:plain

小さい型を選んだので、たーくさん作れましたf:id:mira5507:20180126184640g:plain

 

あとはスタッフの方が焼いてくれるので、焼き上がりを遊びながら待つだけ。

 

見どころたくさん!子供が遊べるポイント

f:id:mira5507:20180404034933j:plain

入館料にはファクトリーウォーク(工場見学代)も含まれてるので、白い恋人の製造ラインもとりあえず見ていきましょう(*^^*)

 

流れていく大量の白い恋人と、不良品を弾くお姉さんの手さばきを見るのもなかなか面白いですよ。

 

壁に可愛い人形がたくさん並んでますが、その中にいくつか動く人形が隠れていて、動くたびに「あれ?いま動いた!あ!あっちも動いた!見た?」と、子供同士で大はしゃぎ。

とっても甘い匂いがして、受付で貰った白い恋人をその場で食べたくなります~。

 

f:id:mira5507:20180404035955j:plain

 本館(チュダーハウス)ではペッパー君が接客中です。

 

目線の高さの関係か、大人と子供で目の前に立つと、大人にばっか話しかけるんですよね(ばっちりカメラ目線…)

大人はいいから、子どもの相手してくれーf:id:mira5507:20180126184852g:plain

 

f:id:mira5507:20180404170207j:plain

ペッパー君の後ろにはクリオネもいます。

クリオネってパッと見可愛いけど、エサを食べる姿が結構グロイことは、北海道では有名な話f:id:mira5507:20180126183630g:plainf:id:mira5507:20180126183533g:plain

 

f:id:mira5507:20180419161336j:image

 スタンプコーナーで、記念スタンプをぺたり。

このメモ帳と、スタンプ可愛い〜!

 

あちこち回っていると、道の駅とか観光施設でスタンプをよく目にします。

子どもってスタンプ好きだから、いつも適当にある紙に押して遊ぶけど。

 

100均のノートでもいいからスタンプ帳として持ち歩いて、お出かけの記録として残したら、コレクションにもなって楽しそうですよね〜f:id:mira5507:20180207235105g:plainと思いつつ、いつも忘れるmira…

 

 

キャンディラボの入り口には、観覧車型のキャンディ販売機。

100円入れてハンドルを回すと、音楽が鳴ってアメが出てきますよf:id:mira5507:20180207235054g:plainメルヘンチック〜!

f:id:mira5507:20180419165342j:image

ガラス越しに、キャンディ作りの実演を見ることも出来ます。

出来たてのキャンディを試食させてもらえるんですが、これが美味しくって!f:id:mira5507:20180126184624g:plainf:id:mira5507:20180126184437g:plain

甘ったるいのが苦手で、miraは普段あまりアメって食べないんですが、白い恋人パークのキャンディはフルーティーで、素朴で、大好きです。

1粒が小さいので、甘さに飽きる前に溶けて無くなるのが良いのかも。

 

デザインもカラフルで可愛いので、手土産にも喜ばれますよ♡

 

f:id:mira5507:20180419184720j:image

外には小さなお家がたくさんあって、自由に遊ぶことが出来ます。

イスやテーブル、ベッド、キッチンなど、家によって違う家具が置いてあり、どれも子供サイズでとっても可愛い。

子どもたちはそれぞれ自分のお気に入りの家を選んで、ずーっとごっこ遊びで盛り上がっていました。

 

中庭は無料エリアなので、ここで遊ぶだけならお金はかかりません。

近所に住んでたら公園感覚で遊びに来れて、羨ましい~!

 

グラウンドを眺めながら食事出来るレストラン おうるず

f:id:mira5507:20180420012728j:plain

今回は道路を渡って隣にある、レストランおうるずで食事しました。

コンサドーレの練習場にもなっているグラウンドを、見下ろす形で食事できる贅沢なスポットですが、季節は冬…

 

しかも隣とはいえ、白い恋人パークの敷地の外ということで…

f:id:mira5507:20180420013143j:plain

土曜日なのにガラガラでした。わー穴場ー!f:id:mira5507:20180126184144g:plain

たまたまかもしれませんが、混んでないのは子連れには有難かったです。

 

夏はガラスの窓を開けてオープンテラスになるみたいなので、そしたらもっと開放的で気持ちいいんでしょうね!

f:id:mira5507:20180420013919j:plain

反対側の窓からは、去年オープンしたガリバータウンが見えます。

学校やら、魚屋さんやら、小さいお店が並んでとっても可愛い…

冬季休業中に何やら改修している様子…f:id:mira5507:20180126184236g:plainf:id:mira5507:20180126183728j:plain

ガリバータウン | アトラクション | 白い恋人パーク

 

去年は忙しくて行けなかったから、今年は夏遊びに来たいな~!

 

お菓子作りで30分無料!キッズパーク

f:id:mira5507:20180420022838p:plain

白い恋人パーク本館(チュダーハウス)の2階にあります。

対象年齢は0歳~8歳まで(12歳まで入場可)

大人も子供も30分200円で、1歳から入場料金がかかります。

 

お菓子作りしたら親子共に30分、400円相当が無料なので、これは遊びに行かないとね!f:id:mira5507:20180126184424g:plainf:id:mira5507:20180126184420g:plain

f:id:mira5507:20180424023312j:image

名誉会員になると、ずーっと初回30分無料。名誉会員になりたーい!f:id:mira5507:20180126184615g:plain

 

当日の日付スタンプが押されたパスポート提示で、大人も子供も30分無料になるので、先にお菓子作りや工場見学をしてから、こちらに遊びに来て下さい!

逆だと割引が受けられないので、損しますよ~!

 

午後からの体験なら、午前中のうちに来て受け付けを先にして、体験の時間までキッズタウンで遊ぶってのも手かもしれませんね。

 

f:id:mira5507:20180424024850j:image

 

これ、子どもたちに大人気でした!

ブラボーマット。子供の動きに反応して絵が動き、踏むと様々なアクションをします。

 

f:id:mira5507:20180424025227j:image

吹き抜けの上の階にも遊ぶところがあります。

エレベーターで3階に上がると、座ってじっくり遊ぶタイプの玩具や低月齢向けのコーナーも。

f:id:mira5507:20180424025429j:image

子育て中のママ達の憧れ、ボーネルンドの玩具がたくさん…!

知育玩具とか、パズル、木の列車、お絵かきなどが好きな子は上の階の方が落ち着いて遊べます。

 

とてもじゃないけど、30分じゃ足りません(笑)

もう確実に、延長料金かかりますよf:id:mira5507:20180126183722g:plain

 

なので、入るときは時間を決めて入るか、ご飯の前や、体験の前など、行動を次に移す口実を考えてから入ったほうが良いですよ。

我が家も適当な所で「あっ!忘れてた!クッキーそろそろ焼けたんじゃない?」と、お友達ママと大げさに演技して、興味を逸らしてそそくさとキッズタウンから逃げ出しました。

 

一度外に出なくても、キッズタウンと同じ階にあるグッズ売り場(スーベニアショップリバティー)の前の階段を使えば、工場見学の順路を逆走する形になりますが、体験工房までラクに戻れますよf:id:mira5507:20180126183752g:plain

警備の人が立ってる時は、入館料払った証拠にパスポートを見せてください。

 

f:id:mira5507:20180424030256j:image

ドキドキ、ワクワク!まだほんのり温かい、出来立てのクッキー!

「美味しく焼けたかなー」「さっそく食べよう!」と子供達も大喜びです。

 

体験工房で用意してくれているクッキー生地、シンプルで素朴なバターの風味で、甘すぎず、サクサクで、とても美味しいんですよね~。

手作りの味っていうのかな。懐かしくて優しい味f:id:mira5507:20180207235130g:plain

 

f:id:mira5507:20180424030559j:image

さて、あとはイルミネーションを見て帰りたいところ。

小さなおうちに入ったり、売店でポップコーンやソフトクリームを買って食べたりしながら、遊んで待ちます。

 

狙い目は17時、18時、19時(最終)

f:id:mira5507:20180424030705j:image

とーってもロマンチックで綺麗です♡

 

毎正時にはからくり塔の仕掛けが動き、人形が動いたり音楽が鳴ったり、シャボン玉が出たりして、とっても賑やか!

 

でも昼から来てずっと外で遊んでたから、既に何度も見てて。

肝心のイルミネーションの中で仕掛けが動く頃には、飽き飽きしてましたf:id:mira5507:20180207235221g:plain

感動は2回までだな…(笑)

 

白い恋人パーク詳細まとめ

住所

北海道札幌市西区宮の沢2-2-11-36

問い合わせ(総合案内)

 011-666-1481(9時~18時)

 営業時間・年中無休

  • 白い恋人パーク…9時~18時(最終入館受付 17時)
  • お土産売り場…9時~19時
  • キャンディ・ラボ…9時~19時
  • キッズタウン…10時~17時30分(最終入場17時)

駐車場

立体駐車場あり

駐車場料金は無料ですが、出口で駐車券のチェックがあります。売店や体験受付などで、忘れず駐車券を押してもらってください。

 

子連れチェックポイント

  • おむつ替えスペースあり
  • 授乳室あり(チュダーハウス1階、チョコレートファクトリー1階)
  • 授乳室にウオーターサーバーあり(調乳可)
  • おむつは捨ててこれます
  • エレベーターやスロープはありますが、段差が多く狭く混雑しているので、館内でベビーカーはお荷物になると思います。抱っこ紐必要。
  • キッズメニュー、子ども用イス、カトラリーあり。
  • 撮影ポイント多数。記念に残る写真が撮れます。

 

行った時期が似ているので内容は重複していますが、息子が3歳の時に行った時のレポートです。食事はスープカレー侍に行きましたf:id:mira5507:20180126183715g:plain

時間があればこちらも参考にどうぞf:id:mira5507:20180126183934g:plain

iko-yo.net

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたf:id:mira5507:20180126184640g:plain